読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016/09/11 On choosing friends.

I'm not sure, but I think it was when I was eighteen that one of my friends, named Shunsuke, told me that he would never have anything to do with some classmate because he didn't want to be infected with that classmate's stupidity.  That was the first time that I knew some people intentionally choose friends. But I remember I didn't feel like doing it at that time.

I seem to have begun selecting friends, maybe because I am old enough.  You may ask, "How do you do so ?"  Just as Shunsuke ruled out that poor classmate, so I decide not to get involved with those whose qualities are likely to have bad influences on me. 

The reason why I have learned to choose my friends appear to be that I came to have a concrete view of my ideal future, an idea as to what kind of life I want to lead and what kind of personality I want to and should have in the future.

 

Google翻訳による翻訳

私はわからないんだけど、私は私が18だったとき俊輔という名前の私の友人、の一つは、彼がその同級生の愚かさに感染したくなかったので、彼はいくつかのクラスメートとは何かを持っていることはないだろうと私に言ったことだったと思います。それは私が何人かの人々が意図的に友人を選ぶ知って初めてでした。しかし、私はその時点でそれを行うように感じませんでした覚えています。 私は十分に古いです、多分ので、友人を選択し始めているように見えます。あなたは"どのようにあなたがそれを行うのですか? 」 、求めることができます俊介はその悪い同級生を除外と同じように、私は、その資質私に悪い影響を与える可能性があるものと参加しないことを決定します。 私は私の友人を選択することを学んだ理由は、私が人生のどのような私がリードしたいと人格の種類は、私がしたいとを持っている必要がありますよう、アイデアを私の理想的な将来の具体的なビューを持つようになったように見えます未来。

 

 

 

ai-no-coffee-rumba.hatenablog.com