2016/09/12 What I have realized after keeping an English diary for a week

I have kept a diary in English for a week. It made me realize that there are some phrases that I tend to use. So they limit the diversity of the English sentences I write.

One is the phrase "seem to have p.p." I used it for a couple of times in the diary. It may be because I am inclined to use expressions that sound less affirmative that I employ this phrase so frequently.

Another is the phrase "come to think, believe, etc." Since the topic I want to write in the diary is mainly mental changes I undergo in my daily life, this phrase easily comes out of my lips. 

So, in order to get the ability to write freely in English, a lot of attempts will be made.  I will check the variety in a month to see if the problem is solved.

 

yahoo翻訳による和訳

私は、1週間日記を英語に保ちました。 それは、私を私が使用する傾向があるいくらかのフレーズがあると理解させました。 それで、彼らは、私が書く英文の多様性を制限します。
人は、「p.pを持っているようにしてください」フレーズです。 私は、日記で2回それを使いました。 私がとてもしばしばこのフレーズを使用するのは、私がより肯定的に聞こえない表現を使いたいと思うからである場合があります。
もう一つは「思いに来てください。信じてください、その他」という私が日記を書き込んで欲しい話題が主に私が日常生活で経験する精神的な変化であるので、「。」フレーズです、このフレーズは私の唇から簡単に出てきます。
それで、自由に英語を書き込む能力を得るために、多くの試みはなされます。 私は、問題が解決されるかどうか見るために、1ヵ月で多様性をチェックします。