2016/09/19 Your awkwardness is the manifestation of your sincerity.

One of the teachers the class of whom I took in the last semester told me, when we were talking about the reason why I had given up being a clinical psychologist, that my awkwardness was, he thought, the manifestation of my sincerity.

By the word "awkwardness" he seemed to mean the way I spoke in his class. As the students were asked to give a comment about the lecture toward the end, we had to improvise comments or questions on the spot. And as is usually the case with me, words failed me many times in the class. Though I had something to say, but I didn't know how to express it with words. He made fun of me once when I tried to speak but didn't manage to make a clear comment. This awkwardness has been my concern through the last semester, for how can a man awkward with words be an expert with words, namely, a philospher?

Before the teacher told me so, I had thought that my awkwardness was due to inexperience as a student of philosophy. And the thought was an impetus for committing myself to study. So, that remark of his somehow came near depriving me of it. It was disgusting. Now one of the reasons I am applying myself to the study is that I want to prove him wrong. My awkwardness is the manifestation of my inexperience, and time and effort will be the cure for it.

Google翻訳による和訳

私たちは私は臨床心理士であることあきらめていた理由を話していたとき、私は最後の学期にかかったのクラスは、私に言った教師の一人は、私のぎこちなさがあったことを、彼は、私の誠意の現れと思いました。

単語「ぎこちなさ」と彼は私が彼のクラスで話した方法を意味するように見えました。学生は終わりに向かって講義についてのコメントを与えるように求めていたように、我々はその場でコメントや質問を即興しなければなりませんでした。そして、私と一緒に通常の場合のように、言葉はクラスで私に何回も失敗しました。けれども私が言いたいことがあったが、私は言葉でそれを表現する方法を知りませんでした。彼は私が話すようにしようとしたときに一度私の楽しみをしたが、明確なコメントをすることが出来ませんでした。この違和感は言葉で厄介な男は言葉、すなわち、哲学者と専門家がいかにのために、最後の学期を通して私の関心事となっていますか? 

先生はそのように私に言った前に、私は私のぎこちなさは哲学の学生として経験不足によるものだと思っていました。そして、考えたのは自分が勉強するコミットのための原動力となりました。だから、彼の何とかの発言はそれを私から奪うところでした。それは嫌でした。今、私は勉強に自分自身を適用していた理由の一つは、私は彼が間違っていることを証明したいということです。私のぎこちなさは私の経験不足、時間とそれのための治療法になる努力の現れです。