読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016/09/25 An Encounter

In conducting my research, it seems necessary to study Sartre's theory of emotion. The theory is said to be elaborated in the book called "Sketch for a theory of emotions," which is the translation of the original book written in French into English.

As I am always told by my teacher to read the original texts in the original language as far as my skill affords, I wanted to read it in French. But the library of my university doesn't hold it.

So, I resigned myself to reading the English version, which the library system said it held. But as I was searching a book shelf where the system said the book was, I came across the original version, "Esquisse d'une théorie des émotions!" I was almost beside myself with the joy: How I could have missed it! It had been always there!

I will read French for the first time in some three years, but I hope I can.

Google翻訳による和訳

私の研究を行うには、感情のサルトルの理論を研究するために必要であると考えられます。理論は英語にフランス語で書かれたオリジナルの本の翻訳である「感情論のためのスケッチ、 "と呼ばれる本の中で詳述されると言われています。

私はいつものようにこれまでの私のスキルが得られるように、元の言語で、元のテキストを読むために私の先生に聞いていたように、私はフランス語でそれを読むことを望んでいました。しかし、私の大学の図書館は、それを保持していません。

だから、私は、ライブラリ・システムは、それが保持されていると述べた英語版を、読書に自分自身を辞任しました。私はシステムが本は言ったブックシェルフを探していたとしてしかし、私は「エスキスドール宇根théorieデ感情!」、元のバージョンに出くわしました私はほとんどの喜びで我を忘れた:私はそれを見逃している可能性がどのように!それは常に存在していました!

私はいくつかの3年ぶりにフランスを読み取りますが、私は私ができる願っています。