2016/09/27 The Sweet Smell of Osmanthus

When I was walking in the campus, there came to me sweet smell of osmanthus. It reminded me of one of the reasons why I decided to leave the company I worked for some years ago: no one talked about osmanthus, even though it greeted us with its scent, informing us of the approach of autumn.

 

Google翻訳による和訳

私はキャンパスを歩いたとき、キンモクセイの甘い香りは私にありました。それは秋のアプローチを私たちに知らせる、その香りで私たちを迎えていても、誰もきんもくせいの話をしない:それは私が前にいくつかの年間働いた会社を離れることを決めた理由の一つを思い出しました。

 意図した日本語

キャンパス内を歩いていたところ、金木犀の甘い香りがした。その香りで、私は自分が何年か前に働いていた会社をやめることにした理由を思い出した。誰も金木犀について語らなかったのだ。金木犀は匂いで私たちを迎え、そして秋が近づいていることを教えてくれていたのに。