2016/10/01 Your body does the thinking for you

I am as sleepy as a man who hasn't slept for a year. But the coffee I drank some fifteen minutes ago seems to have my heart beat faster. Feeling sleepy and at the same having your heart beating faster than usual gives you a strange and awkward sensation. Anyway, thanks to the coffee and certain other factors, I am writing this entry now.

One the other factors appears to be my body. It has been totally accustomed to composing an English entry before going to bed, so that I cannot hit the sack without posting one. This is the idea of body doing the thinking for you. I thought it is derived from Merleau-Ponty but I am not sure. I have been inclined to thinking on the basis of this idea lately. For the time being, it would be hard for me to progress my thoughts otherwise than this.

Google翻訳による和訳

私は年間眠っていない人と同じくらい眠いです。しかし、私はいくつかの15分前に飲んだコーヒーは私の心がときめか持っているようです。眠い感じと同じで、あなたの心が通常より速く鼓動持つことはあなたに奇妙で厄介な感覚を与えます。とにかく、コーヒーやその他の特定の要因のおかげで、私は今、このエントリを書いています。

もう一つの要因は、私の体であるように思われます。これは完全に私は1つを掲示することなく、袋を打つことができないように、寝る前に英語のエントリを構成することに慣れてきました。これはあなたのための思考をして体の考えです。私はそれはメルロ=ポンティから派生したと思ったが、私はわかりません。私は最近、この考え方に基づいて考えることに傾いてきました。私はそうでなければ、これよりも自分の考えを進行させるために、当分の間、それは難しいだろう。