読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016/10/03 Certain smell, certain tune

Sometimes a certain smell will take me back to when I was young,
How come I'm never able to identify where it's coming from

This is a part of the lyric of the song called Stressed Out by Twenty One Pilots.  It is about the experience which I believe everyone had at least once in their life.  Of course I did and I was impressed by the clear way of expressing the reminiscence.

But is the smell the only sense that takes you back to your past? It certainly is not. Sometimes a certain tune will take you back to when you were young. This was what occurred to me today when I happened to listen to this song.

youtu.be

It always reminds me of the days when I was around twenty. I lived in Ibaraki prefecture then and took about 2.5 hours to go to school. That was terrible enough for me to stay at a friend's house when I felt reluctant to go all the way back home. In that case, the friend and I walked in a city in the middle of the night, with unusual but comforting silence and scarcely anybody around us, to his house, speaking trivial things like what if masturbation ceased  to give us the pleasure. I love that walking and this song.

 

Google翻訳による和訳

これは、21個のパイロットによってストレスがたまっという曲の歌詞の一部です。それは私が誰もが自分の生活の中で少なくとも一度は持っていたと信じていた経験についてです。もちろん、私はやったと私は回想を表現する明確な方法に感銘を受けました。

しかし、臭いがあなたの過去にあなたを取り戻す唯一の意味ですか?それは確かではありません。時には、特定の曲は戻って、あなたが若かったときに表示されます。これは私がこの曲を聴くことが起こったときに、今日私に起こったものでした。

 

それは常に私が20の周りにあった日のことを思い出します。私は、茨城県に住んでいたし、学校に行くために約2.5時間を要しました。それは私が帰ってすべての道を行くことに消極的と感じたとき、私は友人の家に滞在するための十分なひどいものでした。その場合には、友人と私はオナニーは私たちに喜びを与えることを中止した場合に何のような些細な事を言えば、彼の家に、私たちの周り珍しいが、励みに沈黙し、ほとんど誰とでも、夜中に街で歩きました。私はウォーキングやこの曲が大好きです。