2016/10/04 A Presentation

Today is the first day of the semester when I gave a presentation. It was about the relationship between cognition and emotion. I introduced the debate between Zajonc and Lazarus about whether emotion can be produced without cognition or not.

After the presentation, there followed a discussion time. There were about 15 students present, but only three of them took part in it. The rest of them might have found my presentation dull.

Tomorrow there is a class in which the students are required to try to participate in English discussion on philosophy. I think I might have difficulty speaking with strange foreigners about something confusing. 

Google翻訳による和訳

今日は、私がプレゼンテーションを行った学期の最初の日です。これは、認知と感情の関係についてでした。私は感情が認知なしかどうかを製造することができるかどうかについてZajoncとラザロの間の議論を紹介しました。

プレゼンテーションの後、ディスカッションの時間が続きます。そこに約15の学生が存在していたが、それらの3つだけはそれに参加しました。それらの残りの部分は私のプレゼンテーションが鈍い発見した可能性があります。

明日学生は哲学上の英語ディスカッションに参加しようとするために必要されているクラスがあります。私は困難混乱何か奇妙な外国人と話すを持っているかもしれないと思います。