2016/10/07 An attitude necessary for a philosopher.

Today there was a course by a philospher renowned in Japan. His lecture always stops once in a while to ask the students if any of them have a question about what he has told.

There was a student who asked him, "You said that logical positivists tried to get rid of what cannot be spoken of, while Wittgenstein cherished it and you said there is a vast difference between the two. But I don't understand what exactly it is that makes them different."

Hearing this comment, the philospher smiled a brilliant smile, and said something like this: "Your attitude is an ideal one if you want to be a philospher, questioning seemingly unquestionable statement of the lecturer."

It occurred to me as he said it that it is not simply ability and knowledge that I am lacking in to be a great philospher but also these attitudes. Attitudes, I believe, can be obtained if you consciously try to assume it.

Google翻訳

今日、日本で有名な哲学者によってコースがありました。彼の講義はいつもそれらのいずれかは、彼が語った内容について質問がある場合は、学生に聞いてしばらく一旦停止します。

そこに彼に尋ねた学生はあなたが論理的positivistsは、ウィトゲンシュタインはそれを大事にし、あなたは2間の広大な違いがあると述べながら、語らすることができないものを取り除くしようとしたことを言った」、だった。しかし、私はまさにそれを理解していませんそれは彼らが違うのです。」

このコメントを聞いて、哲学者は華麗な笑顔を微笑んで、このような何かを言った: "あなたは講師の一見疑う余地のない文を問う、哲学者になりたい場合はあなたの態度は理想的なものです」 彼は、それは単に私が偉大な哲学者だけでなく、これらの態度であることで欠けています能力や知識ではないこと、それを言ったように、それは私に発生しました。あなたが意識的にそれを仮定しようとした場合の態度は、私は信じて、取得することができます。