読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016/10/11 Civil engineering

To be sure, I learn every day new words the meanings of which I don't know. Most of them I have never seen before. Some of them I have probably seen before but I don't understand.

But today, I came across a word, more precisely an expression that is composed of two distinct words, whose meaning I was sure I knew but in fact didn't know.

That is civil engineering. At first, I thought it is an expression for engineering conducted by a layperson. But, according to Oxford Advanced Learner's Dictionary, it means "the design, building and repair of roads, bridges canals, etc."

How come? The teacher who introduced this word for me explained, "Originally, when it came to engineering, it was about killing people. It was, as it were, military engineering. But there came about another type of engineering that was not concerned about murdering. This is civil engineering."

Hubris about knowledge is often just a manifestation of culturelessness. What is worse, to be cultureless is to be ignorant of the very fact that you are uncultured.

Google翻訳

確かに、私は毎日私にはわからない意味するの新しい単語を学びます。それらのほとんどは私が前に見たことがありません。それらのいくつかは、私はおそらく前に見てきましたが、私は理解していません。

しかし、今日、私はその意味を私は知っていたと確信していたが、実際には知らなかった二つの異なる単語で構成されている表現、より正確には、単語に出くわしました。

それは土木です。最初は、私はそれは素人が行った操作のための表現であると思いました。しかし、オックスフォード現代英英辞典によれば、「デザイン、建物や道路の修理は、など、運河を埋め」を意味します

どうして?それは工学に来たときに私は説明のために、この言葉を導入した教師は、「もともと、それは、軍事工学あったようにそれはあった。人を殺すことについてでした。しかし、殺害について心配はありませんでしたエンジニアリングの別のタイプについてそこに来ました。これは土木です。」

知識についての傲慢は、多くの場合、culturelessnessだけの現れです。さらに悪いことに、culturelessことをすると、未培養されているという事実の無知になることです。