2016/10/22 A type of English which makes little sense to you

I guess everyone has met a type of English which makes little sense to you at least once. The further you read it, the less sense it makes to you. 

It seems that the type of English I write is hardly understandable for my supervisor. He read an abstract of my presentation which is hopefully to be delivered at a research conference next year. He said, "I can't figure out quite clearly what you want to say. So I want you to submit a Japanese version of it." These words were so disappointing that I nearly decided to stop writing English entries every day, thinking that there should be more to learn about before actually doing so. But I thought better of it. Anyway, practice makes perfect, and even if it doesn't, there seems to be nothing else that I can do to improve my English.

Google翻訳

私は誰もが少なくとも一度はあなたにほとんど意味がない英語の種類を満たしていると思います。あなたはそれを読んで、さらには、あまり意味は、それはあなたになります。

私が書く英語のタイプは上司のためにほとんど理解できているようです。彼はうまくいけば来年研究会議で配信される私のプレゼンテーションの要約を読んでください。彼は、「私はあなたが言いたいことをはっきり把握することはできません。だから私はあなたがそれの日本語版を提出したい。」と述べましたこれらの言葉は、実際にそうする前に、学ぶためにもっとあるはずと考え、私はほぼ毎日英語のエントリを書き込みを停止することを決めたので失望しました。しかし、私はそれのより良いと思いました。とにかく、練習は完璧になり、それがない場合でも、私は私の英語を向上させるために行うことができます他に何もすることがないように思わ。