読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語で日記を書きはじめて3ヶ月が経ちました。3ヶ月前の英語と今の英語を比べてみます。

英語で毎日日記を書き始めて3ヶ月経ちました。

私が英語で日記を書き始めたのは今年の9月5日からです。これが最初のやつ。

ai-no-coffee-rumba.hatenablog.com

当時は15分しか時間をかけないというコンセプトでやっていたようですが、今ではそんなの関係なくて書きながら考えていると小一時間パソコンの前にいることもあります。

 

それでこちらが先ほどアップしたやつ。

ai-no-coffee-rumba.hatenablog.com

これは30分くらいで書いてます。

 

見てみよう

というわけで比べてみます。3ヶ月前の記事はこんなこと書いてます。

One of the master course students in the seminar which I take part in said he wanted to take his time to do the research, and that if he couldn't,  he might suffer from depression.

That remark made me think. If I took my time working on my research, as I am in the bad habit of going easy on myself, I would necessarily end up fruitless and suffer from depression.

So I decided not to take my time and declared to my teacher that I would make an individual presentaion next year in an international research meeting.

 

さっきあげた記事ではこんなこと書いてます。

The other day there was a girl who, in spite of her repeated attempts, didn't understand these expressions: "no more than," "not more than," "no less than," and "not less than." Though she is not my student, she asked me how to tell them apart and make correct sense of them.

My explanation about them has varied several times since I started my career as an English teacher. But the one I have now seems by far the best. My point is not the best explanation but what she said after I gave her the lecture. She said, "Hearing you talk about English, you seem very fond of it."

No other comment can be more timely than this one, considering the entry I posted some days ago.

2016/12/07 The distance between English and me - Young Lion

Am I fond of English? I don't know. True, when I was younger I was so into it that I kept away from class as far as my graduation would not be suspended and transcribed some passages of Aldous Huxley, my favorite author around that time, into my notebook and memorized them. As a result, the English I used to write in those days was very much like his. Sentences tended to be long with a lot of commas but expressed (at least I hope) vividly the stream of my thoughts.

Time and tide wait for no man. And I seem to have gone through many changes. If asked whether I feel willing to do that transcription and memorization, I will say no. Or maybe yes. But it is not out of my love for English but from the need to write a paper academically in English.

But, although I have undergone many changes, it is not unlikely that there is still left in me a residue of the love I once felt. During the talk with the girl, that residual fondness might have turned up.

 

比較して気づいたこと

  • 明らかに単位時間ごとに書く量は増えています。慣れたということか。最初書き始めた時は、①表現したい日本語が浮かぶ→②こうかな?と英語が浮かぶ→③この英語は正しいのか確認する、という流れで頭が動いていた気がします。今でもこの流れでしか頭が動かないこともあります。しかし①と②の過程がほぼ同時に起こることが確実に増えました。
  • 3ヶ月前の英語と今書いている英語ではリズムが違う気もします。なんでだろうという視点で今日書いたエントリーを読むと、最近読んでいた本の著者たちと似たリズムの英語を書いている感じがしました。その著者たちはIan Hacking、Lawrence Shapiro、Mark Rowlandsです。特にShapiroは癖が強く、SVCの構文をCVSで書きまくる傾向がある人です。文章全体の流れからするとそのような形で書くのが自然になることもあるようですが、このタイプの英文はまだ自分にはレベルが高いから書かないほうがいいと思って、意識的に避けていました。しかしそのように意識して避けようとしていない部分に関して言えば、自分が読んでいる英語に自分の書く英語は似てきてしまうようです。Hackingの英語は堅いのになんかかわいくて好きです。彼の影響が色濃く出ていそうだなと思うのはこの記事。

    2016/12/04 Too many van Inwagens - Young Lion

  • 書く英語がうまくなっているのかとか自然な英語になっているのかとかはよくわからない。

 

教訓

  1. もともとは英語がぽんぽん出てくるようになりたいという思いで始めたものです。確実に英語が出てくるスピードは上がっているので、続けないといけないと思います。
  2. やはり自分が読んでいる英語に影響されて自分が書く英語も決まってくるようです。自分がこういう英語書きたいなと思えばそういう人の英語をたくさん読んでたくさん真似すればいい。これは日本語でも同様と言えそう。哲学者の中で英語の名文家と呼ばれている人としてBertrand Russellがいるので、彼の英語を読んでみようか。
  3. 自分の英語が上達しているのかどうかがよくわからないのは本当に難点。ただただ書くだけではなくて、リソースがあるのならネイティブの人に添削してもらうのが一番です。
  4. 今日出したエントリーで自分は英語そんな好きじゃないみたいなこと言っているんですが、やっぱり好きだわこれ。

関連している本

The Taming of Chance (Ideas in Context)

The Taming of Chance (Ideas in Context)

 

 

Embodied Cognition (New Problems of Philosophy)

Embodied Cognition (New Problems of Philosophy)

 

  

The New Science of the Mind: From Extended Mind to Embodied Phenomenology (MIT Press)

The New Science of the Mind: From Extended Mind to Embodied Phenomenology (MIT Press)