2017/01/01 On an effect of studying philosophy on everyday life / 哲学を勉強することが日常生活に与える影響について

It has been my habit to spend New Year's Eve watching the TV program called "笑ってはいけないシリーズ" for several years. This series always makes me feel that the new year is drawing near. Yesterday, as usual, the program made me feel like I was about to welcome the new year with laughter, but there was noticed a certain siginificant change in the way I felt about it. I no longer think it funny to see people get hurt. Many comedians were beaten, slapped or kicked as if these violences were funny things to laugh at. I used to find them really funny and guffawed at it. But not now.

I guess it is the study of ethics that has changed how I feel about these arranged violences. It seems that the study has somehow disposed me to keep a distance from socially accepted values and also, if possible, to evaluate them in light of ethics. I may have been keeping away from the values according to which the violences are laughable and trying to look at them from a different perspective than the one I used to take. 

大晦日を笑ってはいけないシリーズを見て過ごすことが数年間私の習慣になっている。このシリーズを見ると、新年が近づいているんだという感じがする。昨日もいつもと同じように、この番組を見て、私は新年を笑いながら迎えるんだと思っていたが、一方でこの番組について私は全然違うを印象を持つようになったということに気づいた。私はもはや人が痛いことをされているのを見て、それが面白いとは思わないのである。たくさんのお笑い芸人が殴られ、平手打ちをされ、あるいは蹴られていた。まるでこれらの暴力が笑うべき面白いものであるかのように。こういった暴力を私は以前は面白いと思い、馬鹿笑いしていた。しかし今はそうではない。

思うに、倫理学を学んだことで、この演出された暴力についてどう感じるのかが変わったのだ。どうやら倫理学を勉強したことで、私は社会的に受け入れられている価値観から距離をとり、可能な時にはそれらを倫理学の観点から評価するようになったようである。私はこういった暴力を面白いものと考える価値観から距離をとり、今までとは違う視点からこの暴力について見ようとしていたのかもしれない。