2016/01/02 On "You make everything philosophy" / 「お前はなんでも哲学にする」について

It being the holiday season, I met some acquaintances or relatives after a year's interval.   Since being a philosopher is taking part in a conversation in a different manner from others who are happily free from philosophy, I refrain from listening to them as a philosopher does in a discussion. But it seems that when I am drunk, the philosopher in me struggles his way into the daily conversation, and causes a turbulence. If the saying "in vino veritas" is right, much to my joy, this means that my nature is a philosopher. It is indeed encouraging and delightful for me, but for others, frustrating and discouraging. For to join a conversation in a philosophical way is to interrupt and disrupt the cogent and enjoyable stream of talking and to make the participants think what they don't have to. Some complained, "You are always making everthing philosophy." This surely illustrates the annoyance that people feel when they are confronted with the mess a would-be philosopher like me has made.

年末年始の休みなので、私は1年ぶりに何人かの知り合いや親戚に会った。哲学者であることは、幸運にも哲学という厄介に与らなかった人たちとは違う仕方で会話に参加することを意味するので、そういった人たちの話を聞く時は、議論をする時の哲学者のようにはならないようにしている。しかし、私が酔った時には、私の中の哲学者が力づくで会話に参加してきて、大混乱を巻き起こすようである。「酒の中に真実がある」という諺が正しいのであるならば、喜ばしいことに、私の本性は哲学者であるということだ。これは私にとっては励みになるし、嬉しいことなのだが、他の人たちにとっては、いらいらするしがっかりすることである。というのも、哲学的な仕方で会話に参加することは、心地よく楽しい会話の流れを中断し、乱すことであり、そして会話の参加者たちに考える必要のないことを考えさせることにつながるからである。ある人が「お前はいつもすべてを哲学にしてしまう」と文句をいった。これは、私のような哲学者志望の人間がやってしまったごちゃごちゃな状況を目の当たりにした人が感じるいらいらをよくあらわしているだろう。

なんだこの偉そうな言い草は。