読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017/01/06 The existence of those who haven't given up yet and haven't realized their dreams yet / 諦めていなくて、まだ夢を叶えていない人の存在

「諦めなければ夢は叶う」は嘘。じゃあ、一流の人はどうやって努力してるのか? - それ、僕が図解します。

In this entry the proposition is refuted that if you don't give up, you will attain what you want. The refutation is based on what the author seems to think a counterexample: the existence of those who haven't given up yet and haven't achieved their goal yet.

But I doubt whether this is truly a contradictory example. For in spite of their existence, the proposition can still hold true. If they carry on with their work, they will certainly achieve what they want some day.

In addition, I doubt if it is adequate to interpret the words "if you don't give up, you will realize your dream." to be a logical proposition. Logically speaking, never giving up is identical to achieving what you want, for to give up is to stop making efforts to achieve what you want. So, this "proposition" is a tautology and remains true however the world may be. It is no longer meaningful.

Rather, the words should be regarded as a speech act, namely an encouragement for someone daunted to start anew what they were doing. Therefore, whether the saying is true or not doesn't even matter as long as it functions as it is intended.

このエントリーでは「諦めなければ自分の欲しいものを達成できる」という命題が論駁されている。この論駁は、著者が反例だと考えているように見えるものに依拠している。つまり、諦めていなくて、かつまだ夢を叶えていない人の存在である。

しかし私はこれが本当にこの命題と食い違う例なのかどうかを疑う。というのも彼らの存在があろうとも、この命題は真であり続けるからである。彼らが諦めずに続ければ、彼らはきっと自分の望むものを手にいれるであろう。

加えて、私は「諦めなければ夢を叶えることができるぞ」という言葉を論理的な命題として解釈することが適切なのかどうかも疑わしく思う。論理的に言えば、決して諦めないことは欲しいものを手にいれることを同義になる。というのも諦めるとは自分の望むものを手にいれるために努力するのをやめることだからである。したがってこの「命題」はトートロジーとなり、世界がどのようであろうと、真であり続ける。もはや無意味である。

むしろ、この言葉は言語行為として、つまり気力をなくした人がもう一度前にやっていたことを再開するための励ましとしてみなされるべきであろう。したがって、この言葉が真であるかとうかは問題にすらならない。それが意図された通りの機能を果たしていればよいのである。