読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【英語は慣れると雑になる】英語で毎日日記を書いて半年になりました。Grammarlyを使って、英作文が上達したか検証します。

去年の9月5日から英語で日記を書き始めました。なぜだかわかりませんが今日まで毎日続きました。振り返りをしたいと思います。前回の振り返りはこちらでやってます。

ai-no-coffee-rumba.hatenablog.com

上の記事の中で、3ヶ月やって英語表現が思い浮かぶのは早くなったけど、上達しているのかはよくわからないのが欠点だ、みたいな話をしました。上達しているかを確かめたいのなら、プロのネイティブにチェックしてもらうのが一番です。(lang8の存在は知っていますが、自分に日本語文法の知識がないので、自分には他の方の添削をできないであろうという理由で利用していません)

Grammarlyを使ってチェックすれば、ネイティブチェック的なことができるのではないかと思い、今回はそれをちょっとやってみました。

半年前の英文

半年前の被験体として使うのはこの記事の英文です。

ai-no-coffee-rumba.hatenablog.com

こんなこと書いてます。

Today I had to do what I didn't feel like doing.  It took me some twenty minutes to get myself to do it, but as it often turns out, the job took much less time that I had thought, less than twenty minutes. It was doing the dishes after cooking and finishing  a meal.  

In short, the time needed to make up my mind to do it was longer than that needed to perform it.  This may be a bad way to waste time.  Of course, there are good ways of wasting time, for it can be a lot of fun and relieve me of a great amount of stress.

時間を浪費するのによい方法がある、みたいなよくわかんないこと言ってますね。

半年後の英文

一方で半年後の被験体として出すのは昨日書いたこちらの記事です。

ai-no-coffee-rumba.hatenablog.com

こんなこと書いてます。(最初の文の意味が今読んで自分でもよくわからなかったのですが、おそらくSuppose you are a college studentと言いたかったんだと思います)

Suppose you are a student and want to work part time as a teacher. Then, you have two alternatives: either to teach on one-on-one basis or to teach to a class. Which do you think is more difficult? My guess is that when asked this question, more people will say it is the latter that is harder. But in fact, the former is, or should be the harder.

When teaching to a class, you can decide what to talk about in the class totally according to what you want to place an emphasis on. You can organize your class at will, though you have to choose topics the students will get interested in or of whose importance they will be persuaded. It's totally up to you. Almost anyone can do it on condition that they are given enough time.

On the other hand, when you teach on one-on-one basis, what should be taught is totally dependent on the student. You cannot teach what you want. Even though your student made an error in a question where it is tested whether she correctly understands relative pronouns, it is often the case that your lesson should  not be about them, but about other topics such as cases of pronouns. What should be taught should be determined according to the student's misunderstanding that caused the mistake. Moreover, this probing into where the misunderstanding lies is really difficult, for it is often found that the problem have already gotten so complicated that the teacher doesn't know where to start in order to disentangle the Gordian knot. 

ゴルディオスの結び目the Gordian knotという表現を最近知って、響きがかっこよかったので無理矢理使ってみた感がはんぱじゃないです。

Grammarlyでチェックしてもらった結果こうでした。

明らかに半年後の方が書く量は多くなってます。半年前は15分で書くという制限を設けていて、一方で最近はそんな制限を設けていないのですが、とはいっても単位時間あたりに書ける量は確実に増えています。

では正確性はどうなのか。Grammarlyにかけて、問題として指摘してもらった箇所の数だけ簡単に発表いたします。

  • 半年前のやつ→111wordsで1 critical issue, 3 advanced issues
  • 昨日書いたやつ→269wordsで6 critical issues, 15 advanced issues

明らかに雑になってるぞ、おい。単語数の違いを考慮したとしても正確性は下がっています。

ちなみに半年前の記事で1 critical issueとして指摘してもらったのは単語の間に二つ分のスペースが空いているという誤りでした。一方で昨日書いたやつには冠詞抜けや三単現のsの抜けなど、恥ずかしい文法上の誤りが多いという結果に。

教訓

最近の英作文の時の思考の流れを思い返してみると、以下のような流れで進んでいたように思えます。

  1. 「これこれこういうことが言いたいなあ」
  2. 「こんな感じで言えるんじゃね」
  3. 「うん、なんかしっくり来るもの」
  4. 「書いちゃえー」

半年前は3の段階で思いとどまって、辞書を調べるなり何なりしていたのですが、それをあまりしなくなりました。冠詞のミスはこれが原因だと思います。怠惰になっていました。また、1から2への速度が上がったことで英語を書く勢いがついた代わりに、その勢いにまかせて書いていて慎重さがなくなっていたことも事実です。三単現のsのミスはこれが原因だと思います。

つまりは英語は慣れると雑になる、ということだと理解しました。正確性が求められる場で英語を使う機会が今後増える予定なので、工夫して修正を図ります。

 

今回使ったGrammarlyへはこちらからどうぞ。

Free Grammar Checker | Grammarly

Grammarlyについて詳しくレビューをしてくださっている記事として以下をご紹介いたします。とても勉強になりました。

lifeiscolourful.hatenablog.com