反論記事 it seems that ~「〜のようである」のitは形式主語のitなのか。

この記事を読みまして反論記事を書きたくなったので、書きます。

www.makocho0828.net

 

この記事で著者のまこちょさんは以下のように主張しています。

It seems that SVit「仮主語のit」したがって「【それが】SがVであるようだ」と訳出してはいけません。「仮主語」it「それ」と訳語をあててしまうのは減点ポイントです。

It seems to 人 that SVは「人にはSがVだと思われる」と表現として覚えてしまうとバッチリです。

 最後のポイントに関しては私は異論がありません。しかし最初の文については異論があります。

It seems that ~で「〜のようである」の意味になる時、果たしてこのitは形式主語のitなのでしょうか。

1. もしこのitが形式主語だとすると

もしこのitが形式主語のitであるとすると、that以下をitと置き換えた時に文として成立しなければいけません。例えばit goes without saying that ~は「〜ということはいうまでもない」という意味ですが、ここでのitは形式主語で、that以下が真主語です。証拠として、That ~ goes without sayingと言っても、文法的には正しい文になります。例えば、Sybille Bedfordの本、Quicksand: A Memoirでは次のような一節があります。

I had stuck to an initial inspiration which in my case was an unbounded faith conceived in early adolescence in Aldous Huxley's writing. His way of writing. That I was fired by his ideas goes without saying.(強調は引用者による)

さて、もしit seems that ~のitが形式主語のitであるならば、同じことが可能でないといけません。つまりThat ~ seemsという英文が容認されないといけないことになります。さて、この英文は文法的なのでしょうか。

例えば、『徹底例解 ロイヤル英文法 改訂新版』(旺文社)によると、以下のような記述があります。

<It seems that ...>型構文では、that節を文頭に置くことはできない。

[誤] That John dislikes his boss seems.

 つまりThat ~ seemsの構文は容認されないということです。したがって、このitは形式主語ではないと思われます。

2. ではこのitは何なのか

そうなるとこのitはいったい何なのか、という疑問が生じます。これは論者によって異なるようですので、二つ解説の例を挙げておきます。

ますは上にもあげたロイヤル英文法の例です。

「〜のようだ」という意味を表すIt seems that ..., It appears that ...などの構文では、itがthat以下の節を導入する働きをしている。形の上では<主語+動詞>となるので、第1文型として扱われることが多いが、特殊な文型としておくほうがよい。

 続いて『英文法解説 改訂三版』(金子書房)によりますと、この構文におけるitは、天気のitと同じようなものとして考えられるということになります:

前の§34のitと同じで特に指すものはなく、a) seem, b) appear, c) look, d) happenなどの動詞の主語として使われる。

ですので、私はこの表現は文法的な分析をせずに、こういうものなのだと丸呑みするのがよいと考えています。

3. 紛らわしい構文 It seems C that ~

この構文と似た構文でit seems C that ~「〜ということはCであるようだ」があります。

こちらの構文はSVCで、itは形式主語です。つまりThat ~ seems Cということができます。再び『英文法解説 改訂三版』を引用します。

(a) It seems that the diamond is real. (そのダイヤモンドは本物らしい)

(b) It seems certain that the diamond is real. (本物であることは確からしい)

(a)は非人称構文でThat the diamond is real seems.とは言えないが、(b)のseemsは一般動詞と同じ用法で、文全体は§38の形式主語の構文だから、That the diamond is real seems certain. と言うことが可能である。

 

引用元となった本: 

Quicksands: A Memoir

Quicksands: A Memoir

 

 

ロイヤル英文法―徹底例解

ロイヤル英文法―徹底例解

 

 

英文法解説

英文法解説