英語に関する限りで、自己紹介

しようと思ったので、します。英語に関することのみですが。

 

中1

人称代名詞の格変化でつまずく。放課後に行われた補習のクラスに送り込まれ、そこで、目的格の「目的」の意味を理解した。当時は「動作の対象」くらいにしか理解できていなかったが。何にせよ、主体と客体が頭の中でぱかっと分かれたのがこの時。この認識ができたのは、この後の英語の理解においてとても重要だったのだろうと、今英語を教えていて思う。

中2

英語のものはなんでもかっこいいという観念に取り憑かれる。

ビートルズから始めて、洋楽を聴き始める。歌詞カードと和訳をみつめながら色々聴き込む。Penny LaneのThe little children laugh at him behind his backを聞いた時に、情景が浮かんできてその内容を理解できた時はなんか感動した。歌詞をいろいろ覚えていた。

アメリカのプロレスにはまる。レスラーたちのキメ台詞?みたいなのを覚えるのに必死だった。あの熱中はなんだったのだろう。ロック様の、If you smell what the Rock is cooking.の意味は未だによくわかんない。

英検2級取得。

中3-高3

英語が得意科目になったので、大学受験は英語で勝負をするぞ、という気持ちで英語には特に力を入れて勉強をした時期。英作文には洋楽の歌詞の暗唱が役に立ったが、今思うと危うい勉強法だった。読解の勉強にはとにかく音読を繰り返しした。高3で英検準1級取得。語彙力ないのに。

大学生

やる気がなかったのだけど、大学2年生の時に、自分が通っていた予備校の先生から英語科の講師が足りないからやってくれと頼まれて、塾講師人生がスタートする。大学3年生の時、高校3年生の英文法と英作文の授業を担当していた先生が体調を崩してしまって、急遽大学受験用の文法と作文の授業を担当することになった。その先生は英文法に関して広すぎて深すぎる知識がある方だったので、先生の作った教科書を使う授業の準備にとても苦労したのを覚えている。文法の授業の準備をするために使った本は主に以下のもの。

英文法解説

英文法解説

 

 

歴史的にさぐる現代の英文法

歴史的にさぐる現代の英文法

 

 

現代英文法講義

現代英文法講義

 

 

また、英作文についてちゃんと勉強をしていなかったのが不安だったため、英作文に関する勉強をやたらめったらした。具体的には

和文英訳の修業

和文英訳の修業

 

 『和文英訳の修業』を1周して、

英文をいかに読むか

英文をいかに読むか

 

 『英文をいかに読むか』に出てくる英文を1日1節くらいのペースで暗唱して(これは途中で辛くなって辞めてます)、

Complete Essays: 1956-1963 And Supplement, 1920-1948 (Complete Essays (Aldous Huxley))

Complete Essays: 1956-1963 And Supplement, 1920-1948 (Complete Essays (Aldous Huxley))

 

 Aldous Huxleyの英文を、時間が取れる範囲で書き写す、ということをやっていた。

大学卒業後

広告関連の企業に就職する。英語を使わない環境だったので、とても英語力が下がった。1年で辞めて、大学院を受験した。

大学院(今)

塾の英語の先生しながら、哲学を専攻しています。英語の勉強としてやっていることは、

  1. The Problems of Philosophyの英文を1日1文暗唱する。
  2. 英語で1~2文の日記を書く。
  3. A Practical English Grammar読む。
  4. English Pronunciation In Use やる。
  5. 1日最低でも10ページは英語を読む。
  6. 出会った知らない単語をメモして覚える。

あたりです。英語で哲学の論文を書くのが目標です。

1~2文くらいでしか日記を書いておりませんが、なるべく正確な英文を書くようにしています。

The Problems of Philosophy

The Problems of Philosophy

 

 

A Practical English Grammar

A Practical English Grammar

 

 

English Pronunciation in Use Elementary Book with Answers, 5 Audio CDs and CD-ROM

English Pronunciation in Use Elementary Book with Answers, 5 Audio CDs and CD-ROM

 

 

はてなブログでは日記の他に、誤訳指摘シリーズをやっています。誤訳を発見したら、それがなぜ誤訳なのか、違う解釈がなぜ有効なのかということを文法・語法の観点から説明しようとしています。考察に足る興味深いもののみを取り上げるようにしていますので、そちらもよろしかったらご覧ください。最近のだと、こちらです。

ai-no-coffee-rumba.hatenablog.com

どうそよろしくお願い致します。